ほしいものリスト

さくっと手軽に楽しめるボードゲーム「それはオレの魚だ!」の感想レビュー!

はいこんにちは!12月は仕事で大忙しなあしゅらんでした!

(12月はクリスマスや年末セールであちらこちら目移りする情報ばかりでしたね…)

そんな2018年も終わり、2019年、新たな年がやってまいりました。

 

さて、連休はダラダラと過ごすことが多いと思われますが、

ここはひとつ、ボードゲームに興じる連休にしてみませんか?

そこで紹介するゲームは!こちら!(youtuber感)

「それは俺の魚だ!」

Amazonー「それは俺の魚だ!」(ボードゲーム)

レベル:★☆☆☆☆  (サクッとボードゲーム体験してみたい方向け)

プレイ人数:2〜4人

プレイ時間:20分ほど

どんなゲーム?

ペンギンの駒を使って魚を取り合うボードゲームです。

ルールが簡単なのでボードゲーム初心者でも一回やってみればあっさりと理解できるようになります!

例えて言うなら、「複数人でやる簡単なチェス」のようなものなので、初心者でもベテランでもお互いに邪魔をし合いながら楽しめるので、全体のゲームバランスが崩れることはあまりなさそうです。

プレイ時の雰囲気

簡単にではありますが、プレイ動画を編集してみました。(※字幕あり。音は入れてません)

魚が多いところや、欲張って端っこに行こうとすると、他のペンギンがやってきて逃げ道を断たれるのでペンギン同士で固まってしまいがちになるんですね。

地道に自分が効率よく魚を取りながら進めるかを考えつつ、他のペンギンの進行経路を邪魔するように置いていくのが鍵です。

 

プレイ感想

チェスのように相手の進み先を考え、妨害するのが楽しい、といった感じでした!相手側にどのルートがあるか掲示していかに誘導させるのかが楽しかったですね。

ちなみに、最初にタイルを並べて裏返す作業が面倒です笑。

なので最初並べるときは裏返さず、プレイヤー同士で相談しつつバランスよく魚の数がばらけるようにしたほうが良さそう。

ちなみにルールが単調なので何回か遊ぶと慣れてしまうので、このゲームはあっさり遊びたい時にやるのがちょうど良いかと思われます。

アレンジ方法

少しアレンジを加えてペンギンの駒のスタート位置を指定したり、氷の形をわざと変な形にしたり、または横長にしたり、縦長にしたりするのも面白そうですね。

 

 


 

ちなみにこのゲームはお子さんと遊ぶのもオススメです。

ルール説明も簡単なのでやりやすそう。ちなみに対象年齢は8才〜。

 

さくっと軽く真剣勝負がしたいときにオススメなゲームでした!

 

それではよき連休ライフを!

コメントを残す