ほしいものリスト

これで分かる香港空港乗り継ぎ(香港エクスプレス:HKexpress)

どうもこんにちは、あしゅらんです。タイのプーケットへバカンスに行ってました。

そして香港へは乗り継ぎでたまたま訪れることになりました。初香港です。

今回の記事では香港エクスプレス(HK express)に搭乗した際、香港空港での乗り継ぎ(トランジット)を中心に空港内について紹介します。

香港空港、めっちゃ広いです。迷います。

そんな自分を含めた迷える子羊旅行者のためにこの記事を書きました。

空港マップ

 

まず、香港空港は

ターミナル1、ターミナル2、もう1つのミッドフィールドっていうターミナルから構成されています。

空港に到着時、香港に入国される方は「入境審査(immigration)」(入国審査)へ。

そうではない方、乗り継ぎの方は「transfer」へ。

乗り継ぎゲートと乗り継ぎカウンター

案内板で乗り継ぎゲートの行き先が表示されています。

この乗り継ぎカウンターとゲートが分かりにくいのですが、E1,E2のゲート近くには航空会社ごとの乗り継ぎカウンターがあります。

ただ、E1は5:00-23:59までなので深夜や早朝の場合は空いていない場合があります。

※香港エクスプレスの場合は乗り継ぎカウンターがE1、M1となっています。

到着ロビーは深夜だとあまりお店も開いていないので、さっさと乗り継ぎゲート通った方が吉です。(笑)

24時間のレストランも乗り継ぎゲートの先にあります。乗り継ぎゲートの荷物検査を通ったあとはすぐ目の前のエレベーターに乗っていきます。

乗り継ぎゲート以降

6階がゲート乗り場、7階がレストラン、ラウンジのエリアになっています。

24時間営業のレストランエリアはこんな感じでした。

定番のマックから、ラーメンまで、なんと日系のファストフードも。「さぼてん」もありました。

先ほどのフードコートから降りると、搭乗口が並んでいるところに行けます。

搭乗口25番あたりのゲート近くにはスタバや喫煙所、充電が出来るテーブルや、パソコンも置いてありました。

スタバは空港価格で少し高め。

 

ロビーの椅子には充電できるコンセント(USBポート)もあり、ゆっくり過ごせます。

ただし当たり外れもあり、充電できない椅子もありましたのできちんと指して確認してみてください笑

ターミナル間は地下が3つの駅になっており、電車で移動できます。(ターミナル間移動バスもあり)

ちなみにミッドフィールドの方のターミナルにはちょっとおしゃれな吉野家もありましました。

 

おわり

香港空港は広いのでショッピングなどで見て回るのも楽しそうですね。

今回は深夜に到着したのでほとんど閉まってましたが…(笑)

次回はきちんと香港にグルメ巡りに行ってみたいところです!

 

コメントを残す