ほしいものリスト

聴覚障害者の視点から見た「耳で聴かない音楽会vol.3」レポまんが

 

2019年8月に「耳で聴かない音楽会vol.3」に参加してきたのでその感想レポまんがを描きました。

 

 

 

 

「言葉で説明するのがむずかしい。」

という感じでした。

 

最初の曲、ほんとうに全然聞こえなかったので音が高すぎて(?)わたしの補聴器の可聴音域超えてるのかな…?と思っていたら無音の「4分33秒」でした。

ああ〜。納得。

その他にもタイプライターや紙やすりを使った共感的なエンターテイメント性のある音楽をやったりと、現代音楽芸術を垣間見た瞬間でした。

 

個人的には”まだ” 楽しめる人と楽しめない人に分かれちゃうんだろうなあ、というのが率直な感想ではありました。

それは結局耳で(補聴器で)聞かないと楽しめないのでは?と感じる部分もあったからですね。

 

ただ音楽をデバイスの振動で感じさせる発想は面白いです。

聞こえる友人をどんどん誘って、聞こえない人とどういう風に聞こえているのかをお互いに話したり、発見をもたらすきっかけとしては面白そうです。

ポイントは「補聴器の有無」「音楽のジャンル性」だと思うのでこれからに期待したい!

情報保障については、手話通訳者が見えにくかったり、貸し出されたスマホの文字変換がうまく動かなかったりと、まだまだ発展途上といった感じなので、こちらもこれからの改善に期待したいですね。

↑貸出スマホとGoogle文字変換アプリ。

来年も継続開催されると思うので気になった方は行ってみて下さい。

 

 

 

音のアート性についてなかなか考えさせられました(笑)

 

 

 

コメントを残す